知りたい!がん保険ってホントに必要?

がん保険とは?

現代死亡する人の中でがんで亡くなる人が圧倒的に多いと言われ脳卒中や心筋梗塞を抜いてダントツです。
私を含め多くの人ががん保険に加入しているのですが、がん保険の意味を本当に理解して加入している人はどれくらいいるのだろうかとふと考えます。
私の様に只がんになったら保険金がもらえると思っている人が殆んどなのではないでしょうか。
がん保険とは、がんと診断された時にがんの治療の為による入院や手術に対して給付金や保険金が支払われる民間の医療保険の一つで原則としてがんと言う病気だけを対象とするものです。
特徴としては病気ががんだけに限定されている為に保険料が医療保険に比べると安いと言う事です。
そういえば私が加入するがん保険も医療保険に比べると随分と保険料が安いとは感じていました。
がんで入院した場合の保証も医療保険では一般的には1日5000円位ですががん保険では1日1万円以上の支給が一般的なようでこれもお得だと感じます。
そして入院給付金は支払い日数が無制限であるのも特徴でがんに治療には長い入院が必要な場合が多いので安心して入院して治療に専念出来ると言う事です。
中にはがんと診断された時点で診断給付金が支払われる保険があるので毎月の生活の心配も少しは軽減されると思われます。
医療保険とがん保険を比較すると保証の対象は医療保険では病気やけが全般でがん保険はがんだけに限定されています。
入院給付金は医療保険では日数に制限があるのですががん保険は無制限で通算の給付日数も医療保険では制限があるのですががん保険は無制限です。
これだけみると医療保険に比べてがん保険は病気ががんだけに限定はされていますが随分と保証が充実しています。
ですが一つだけ注意する事があって契約をしても契約成立すぐには保証がされなくて最低でも90日(3ヵ月)はかかると言う事です。
もしかしたらがんかも知れないと思って急いでがん保険に加入しても約3ヵ月は何の保証もないので健康な間から加入していなくては意味がないと言う事です。
がんと言う病気で亡くなった人やがんにかかった人には大変おとくな保険ですが私の亡くなった父は長年がん保険に加入していたにも関わらず脳梗塞が原因で亡くなった為にがん保険は只長い間保険料を支払っただけで無駄な物となってしまいました。
がんにならない人にとっては父の様に無駄になる事もありますが絶対にがんにならないと言う保証はないので、もしもがんになったらと言う時のためのがん保険かも知れません。
私のがん保険は無駄になってしまうと何だか勿体ないような気がして、その分貯金すれば結構な金額になるだろうと思います。
保険料を支払った分元を取りたいとは思うけれども、がんと言う病気にだけは絶対になりたくはないと思っています。
医療保険でがんという病気が保証されるのが一番理想的だと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017知りたい!がん保険ってホントに必要?.All rights reserved.