知りたい!がん保険ってホントに必要?

がん保険の見直し

どんな保険にも見直しが必要です。
医療保険でも自動車保険でも見直しが必要なようにがん保険にも当然に見直しが必要です。
私も以前に家計が毎月の保険料をかなり圧迫してこのままでは駄目だと思い家計の見直しをすると同時に当時加入していた医療保険、がん保険、入院保険を見直す事にしました。
がん保険は定期保険に加入していたようで丁度切り替えの時期で同じ内容で継続すると毎月の保険料が1000円以上上がるので良い機会だと思い思い切って今まで加入していた保険を全部解約して新たに医療保険にがん保険が付いている保険に切り替えました。
それだけでも毎月の保険料は5000円近く少なくなったのに保障は充実して私なりに完璧だとは言えませんが大変満足しています。
私の様に加入している生命保険が更新の時期に改めて見直すと言う方も意外と多いようです。
年齢と共に知り合いにがんで亡くなる方やがんで入院し多額の治療費に頭を悩まされていると言う話を良く耳にします。
がんで亡くなった人の話題ではがん保険に入っていなかったから大変だったそうだ、とか反対にがん保険に入っていたから保険がだいぶおりたそうだ、などと噂が飛び交います。
そんな時にがん保険に加入していない人はやっぱりがん保険に加入した方がいいのではと思い既にがん保険に加入している人でさえももっと保障の大きながん保険に加入した方がいいのはないかと思ったりもします。
現代、一番人気のがん保険は月々の保険料が夫婦で約10000円で診断給付金が何度でも100万、入院給付金が1日1万、手術特約が20万、通院給付金が1日1万と言うのがあります。
ですが実際には診断給付金は300万近く欲しいのが本音です。
そうなると毎月の保険料もかなり上がるので不景気な現代社会では中々支払う事の出来る金額ではありません。
その分入院給付金を充実させる方法もあります。
普通のがん保険は1日1万円ですが1日2万円が出ると言うがん保険もあるので診断給付金よりも入院給付金を充実させた方が保険料もそれ程上がらなくていいかも知れません。
私はがん保険は掛け捨てだとばかり思っていたのですが中には解約時に返戻金があるがん保険があるようです。
これは結構お得な気がします。
たとえ僅かな金額でも一旦は支払った保険料が戻って来るのは嬉しい事ですが大半は何もなければ掛け捨てなのでその為に多額の保険料を支払うのも無駄な事です。
何もない事に対しても毎月支払える金額や何あった時の保障を考えてどこかで妥協点を見出さなければいけないと思われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017知りたい!がん保険ってホントに必要?.All rights reserved.